オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りをスムーズに排出してくれる雨仕舞いって?


普段の生活している中で『雨仕舞い』って聞きなれない言葉ですよね。
❝あまじまい❞と読みます。
漢字通り、雨を仕舞う事です。

防水とは少し違うんですよね。
まず防水は雨水が溜まる場所に水が漏れないよう施工し防ぐことを指します。
雨水が入り込まないよう、防水シート等でシャットアウトします。

では雨仕舞いとは?

雨仕舞いは降り注いだ雨水を適切な場所へと誘導し地面などにスムーズに排出できるように施工することです。
雨水は逃げ場がないと同じ場所に留まってしまい、屋根材などを腐食させてしまいます。
そうさせない為、見えない場所に、様々な施工がされています。

今回は雨漏りが起こりやすい場所の雨仕舞いの施工方法を挙げました。

屋根の谷部分

谷 板金
2つの屋根の面が交わり、雨水が集まってくる場所がこの谷部分になります。

台風時の強い雨風の時には雨水が跳ね返り、逆流し排水出来ない事があります。
そのことを考えきちんと下へ流れるように施工しています。

屋根の棟部分

 棟 雨仕舞
屋根の頂上に取り付けている棟(むね)部分です。
高い場所なので台風や強風の影響を受けやすい場所になるので屋根材が飛ばされる被害も多くあります。

金属屋根はしっかり板金をビスで固定しています。
瓦屋根は漆喰、銅線で飛ばないよう固定されています。

台風などの前には、瓦のズレが無いか、板金のビスは浮いていないか?など屋根の現状を確認してもらうのが安心ですね!

※決して自分では登らないで下さい。

屋根と外壁が接合する場所

屋根壁 水切り
この場所は屋根からの雨水が流れこんでくるので雨水が溜まりやすい場所になります。
雨水が入って来てもらっては困る場所に水切りを設置します。
万が一、雨水が入り込んできても水切りがあるので受け流してくれます。


雨仕舞いをきちんとしていれば建物の寿命も延び安心して生活して頂けます。
経年劣化はどの建物でも避けられないので定期的なメンテナンスは必要です!!


谷部分・水切りの施工ブログはこちらをご覧ください。



メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。
何かお困り事やご相談がございましたたお問い合わせください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039