オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根工事コラム


雨どい 絵 コラム

樋(とい)とは、屋根面を流れる雨水を集め、地上や下水に導くための設備や装置の事などをいいます。建築では特に雨水などの液体を運ぶのに用いる雨どい・雨といのことをいいます。「とゆ」や「とよ」ともよばれています。地上に仮設して水を流す筒状の樋は筧(かけい・かけひ)とよびます。

養生とは 外壁

外壁養生とは家の塗り替えを行う時など、塗料の塗らない場所を飛び散った塗料が付かないように保護すること等をいいます。養生とは保護するという意味をもち、外壁塗装における養生は、近隣に塗料が飛ばないようにしたり、植木や窓やサッシなどの塗料をぬらない場所をシートなどで覆い、塗料が付かないようにすること等です。

外壁塗装 3度塗り

外壁や屋根の塗装を施工するにあたって、一度目が下塗り、二度目が中塗り、三度目が上塗りと三回塗ることは重要です。外壁塗装は三度塗りで最も耐久性が発揮されるように設計されています。三度塗りをしていないと、色ムラがでたり、剥がれやすくなります。

高圧洗浄  外壁

高圧洗浄とは、高圧洗浄機を使用して洗浄をする事です。屋根塗装等をする前に高圧洗浄機を使って高い水圧で、ホコリや汚れ、コケやカビ、藻、塗膜表面のチョーキング(触ると手につく粉状の物)、剥がれかけた塗膜(塗料の膜)等を落としていきます。

12c2b6d8fee42002ef81d69482b3091e-1

サイディングとは、外壁に使われる外壁の一種です。壁の大きさに合わせてサイディングボードをカットし、壁に沿って張り合わせて、つなぎ目をしっかりとシーリング材で埋めた外壁をサイディング外壁といいます。比較的低価格でデザインを自由にかえられ、耐久性に優れているのが人気です。

モルタル コラム

モルタルとはセメントと砂と水を練り混ぜて作ったものです。乾燥すると硬く固まるため、外壁などに使われます。モルタルを使った外壁をモルタル外壁といいます。職人がモルタルを塗るためデザインの自由度が高く、味わいのある外壁が作れます。

外壁 コラム

北側は日が当たりにくく、湿気が多くなりコケ・藻からカビが生えます!外壁にもコケ・藻やカビが発生し注意が必要です!また、北側でなくても隣の建物と面している部分や、高速ビルの影響で日差しが遮られている面は、コケや藻(も)など生えていないか観察してみるとよいでしょう。

広小舞 コラム

屋根の広小舞は軒先の垂木の上に取り付けている厚めの板の事を言います。雨どいが付いている側を広小舞と呼び、雨どいが付いていないケラバ側を登淀(のぼりよど)と呼びます。野地板の切り口が見えたままにしておくと雨水を吸収してしまうので広小舞を付け、切り口から雨水が入り込まないよう水留めの役割をしてくれます。

金属屋根 ガルバリウム

ガルバリウム鋼板は屋根の素材の1つになり、とても人気で選ばれる方が多くなってきています。ガルバリウム鋼板の特徴は軽さ、耐久性、耐火性に優れています。そして金属はどうしてもサビやすいイメージがありますが、ガルバリウム鋼板はサビにくくなります。長い期間で見るとトタン屋根の約3~6倍の耐久性を持っています。

風災被害 屋根

春の嵐と呼ばれる突風や台風で屋根にも被害が出てしまいます。風で屋根が飛散してしまう事があります。屋根の中でも棟部分は1番頂上にあるので風の影響を受けやすくなり被害が大きい場所になります。最近多く使われている金属屋根はとても軽く丈夫なため風にも強いのが特徴です。様々な屋根材がありますがどんな屋根材も劣化してし...........

1次防水 2次防水

屋根には1次防水と2次防水の防水機能が備えられています。1次防水は屋根材で普段目にすることがある瓦やスレート、金属屋根などになります。2次防水はルーフィング(防水シート)です。ルーフィングは屋根材の下に張っているので新築や葺き替えの時にしか目にする事がないと思います。屋根は1次防水と2次防水の2つの防水機能...........

雨戸 メンテナンス

雨戸は台風などの際、外部から飛散してくる物からガラス窓を守ってくれる役割があります。また雨戸がある事で窓と雨戸の二重ロックになり空き巣の防犯対策になります。雨戸にはシャッタータイプ、折り戸タイプ、引き戸タイプの3種類があります。雨戸が劣化してしまうと防水機能が低下してしまいます。塗装のメンテナンスが必要にな...........

地震 耐震屋根

なぜ屋根が軽い方が耐震にはいいのか?屋根が軽いと建物の重心が低くなり地震の時の揺れにくくなり建物が倒壊するリスクが減ります。金属屋根は屋根瓦の約1/10の軽さになり金属屋根を使われる方が多くなってきています。

チョーキング現象 外壁塗装

外壁を手で触った時、手にチョークの様な白い粉が付きます。これをチョーキング現象と言います。これは紫外線や雨で塗料の中の合成樹脂が徐々に分解されてしまい粉の様になり外壁の表面に現れます。チョーキング現象は劣化のサインと言われています。建物の耐久性や防水性が弱まってきています。メンテナンスを早めに行い大切なお家...........

土葺き 屋根

屋根の下地の上に土を置き瓦を固定して施工する土葺き屋根は今では少なくなってきました。大きな震災が起こるたび、施工方法が変っていきました。今の瓦の葺き方は引掛け桟葺き工法が多くなってきています。桟木に瓦1枚ずつ引掛け、1枚ずつビスでしっかり固定する方法になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039