屋根工事コラム


谷板金 名張市

谷板金の劣化からも雨漏りが起ってしまいます。屋根の谷部は雨水が集まる場所になります。谷部に板金を取り付けているので谷板金と呼んでいます。屋根から流れてきた雨水が板金を通り屋根の場所の中でも特に雨漏りが起りやすい場所になります。

屋根外壁 紫外線劣化

紫外線は人だけではなく外壁にもダメージを与えてしまいます。外壁の塗装の膜が紫外線や雨風から守っています。紫外線のダメージで劣化が進行し防水性や耐久性が少しずつ失われてしまいます。外壁を触ると手に白い粉が付くチョーキング現象が現れた時は1つの劣化のサインになります。

スレート 塗装

スレート屋根のメンテナンスの時期や方法はご存知ですか?スレート屋根は新築から10年を目安に状態を確認し必要であればメンテナンスが必要になります。メンテナンスの方法は塗装をし防水性を保ちますが、劣化があまりにも進んでしまうと下地から取り替える葺き替えやカバー工法でメンテナンスをします。

ケレン作業

ケレン作業は塗料の密着性を良くするために欠かせない作業です。塗装前には高圧洗浄を行いますが、鉄部のサビや木材の腐食部分など、どうしても落としきれない部分はケレン作業を行い表面の汚れやサビなどを落としていきます。サビなどの上に新しい塗料を塗ってしまうと剥がれやすい原因になります。

天井 雨漏り

天井のシミは雨漏り、結露、動物の尿が原因で付いてしまいます。雨漏りが原因の場合は屋根からなのか外壁からなのか場所を特定し早期の修理が必要となります。屋根裏に雨水が入り込むとカビが生えてしまいます。カビ臭くなりアレルギーなど健康被害にも繋がります。外壁材のひび割れに雨水が入り込むと屋根裏に伝う事もあります。

庇 屋根

庇は紫外線、風雨、汚れ、汚れを防いでくれる役割があります。庇がある事で、夏の暑い日差しを遮り、冬の暖かい日差しは上手く室内へと入り込みます。庇は雨水を直接窓に当たらなくし雨音を防いでくれます。また、汚れも付きにくくしてくれます。

外壁塗装 

外壁塗装は約10年を目安にメンテナンスが必要です。塗膜が劣化し、剥がれてしまう事で防水機能や保護機能が低下していきます。防水機能が低下してしまうとコケやカビが発生し、水はけが悪くなり湿気が溜まりやすくなると外壁材が腐食してしまいます。メンテナンスをし建物を長持ちさせましょう。

塗装 外壁

外壁塗装は塗装をし防水性や耐久性を高めてくれています。塗装の工程の中でも下塗りはとても重要になります。外壁材と塗料の密着性を高めてくれます。下塗りを行わず塗装をすれば剥がれやすい原因になります。そして色ムラや艶ムラの原因にもなります。外壁塗装の必要性を知りお住いの建物を守っていきましょう。

葺き替え 屋根

屋根のリフォームをお考えになる時、葺き替えるかカバー工法どちらを選べばいいのか?また、違いは何なのか?などご不安になられる方は多いと思います。近年では耐震の事を考えリフォームを検討される方も多くなっています。費用や工事内容などご不安な事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。お客様のお悩みを改善していき...........

凍害 瓦

瓦の吸収率は0%ではないので、瓦の製造の時に出来た小さな気泡に雨水がしみ込んでしまいます。冬の寒い時期に瓦の内部の水分が凍ってしまい体積が膨張し内部剥離が起り瓦が割れてしまいます。瓦の割れは地面へと落ちてしまったりととても危険です。凍害に限らず屋根は定期的にメンテナンスをしお住まいを守りましょう。

入母屋屋根 妻

入母屋(いりおもや)屋根とは切妻屋根と寄棟屋根が重なった屋根の構造になっています。昔ながらの瓦屋根に多く見られます。切妻屋根の特徴で屋根裏の空間が広く取れるので、湿気が溜まりやすい屋根裏の通気性を良くしてくれます。断熱性も保たれます。

破風 鼻隠し

あまり聞きなれない破風(はふ)と鼻隠し(はなかくし)はお住まいにとって、とても重要な部分になります。どちらも雨風から守ってくれています。破風には雨どいが付いていない為、直射日光が当たりやすくなり雨風の影響が受けやすくなってしまいます。鼻隠しは屋根を支える垂木(たるき)の先端の切口を隠す為に取り付けています。

屋根塗装

屋根は外壁に比べ年中紫外線や雨風にさらされ続けています。素材にもよりますが屋根は塗装をして耐久性を維持しています。劣化するとヒビ割れやコケ、カビが生えてきます。色あせて塗膜が剥がれてしまうと雨漏りまで引き起こしてしまう可能性もあります。名張市や伊賀市で屋根塗装を検討されている方は是非当社にご相談ください。

垂木 野地板

屋根の下地材の防水シートは雨漏りに強く屋根材から侵入してきた雨水を屋根内部にまで浸透させないよう上手く流してくれる役割をしてくれています。いつもは屋根材の下にあり見えないので雨漏りしてしまってから破れていることに気付かれることが多くなります。

棟板金 雨漏り

名張市でも棟板金が飛散し、雨漏りに至ったケースがあります。棟は屋根の1番高い場所にあります。棟に板金を被せているので棟板金を呼びます。板金の下には貫板(ぬきいた)を置き貫板と板金をしっかりビスで固定しています。ビスが緩み貫板との固定力が弱まると台風などで板金が飛散してしまいます。貫板も雨水で腐食してしまいま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039