オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ベランダの劣化の症状は?


ベランダ防水
屋根や外壁と同じでベランダにも防水機能が備えられています。
防水機能がないと雨漏りしてしまいます。

実はベランダからの雨漏りになる事も多いのです。

ベランダは四方が壁に囲まれています。
防水機能をきちんとしていても構造上、排水性が悪くなってしまいます。

防水層の上にトップコートを塗り紫外線や雨水から守ってくれていますがメンテナンスが必要な時期は訪れます。
約10年~15年と言われていますが劣化の症状でメンテナンスの時期は早まる事があります。

ではベランダの劣化のサインはどのように現れるのでしょうか?

こんな症状が出たらリフォームを考えましょう!!

ベランダは塗装、またはシートで表面に防水処理をしています。
塗装では表面のトップコートが劣化でひび割れ、剥がれ、膨らみの症状が出てきます。
劣化が出てくると防水性は低下していきます。

塗装の膜が劣化で剥がれたり、ひび割れを起こすと雨水は内部の下地に入り込んでしまいます。

ベランダに雨水が溜まるのも注意が必要です。
雨水が溜まる原因は排水口にゴミが溜まっている。
勾配が無い。と言う理由です。

雨水が上手く排水口に流れるように勾配を作る必要があります。

ベランダに雨水が溜まる事でトップコートやその下の防水層の劣化を早めてしまいます。

そして1番深刻なのは雨漏りをしている事です。
すぐに防水工事が必要です!!

防水材は様々な種類があり、ご自宅にあった防水工事をさせていただいております。
ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039