オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

緩勾配(かんこうばい)屋根とは?


以前のコラムで屋根の傾斜が急な急勾配屋根について書きました。


今回は屋根の傾斜が緩い緩勾配(かんこうばい)についてのメリット・デメリットをまとめてみました!
緩勾配
メリットは?
★台風などの風の影響が少ないこと。
★工事の時の作業がしやすい。
★屋根の面積は傾斜が緩いほど狭くなります。なので工事の材料費など費用面が抑えられます。

デメリットは?
★雨水が屋根に溜まりやすくなります。水はけが悪くなります。
★ゴミなどの汚れも屋根の上に蓄積しやすくなり、屋根の劣化を早めてしまいます。


緩勾配屋根のほどんどは金属製の屋根材が使われています。施工の時には雨漏りが起こらないよう施工していますが、
劣化などでサビが出たりと不具合が生じてきます。穴が空いてしまい雨漏りするケースも多いです。
どうしても劣化は避けらないんです。

こまめなメンテナンスで下地の状態など早めのメンテナンスがとても重要です!


屋根の傾斜の度合いの表し方についてはこちらをご覧ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039