オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

笠木(かさぎ)の劣化も注意が必要です!


笠木(かさぎ)って?

ベランダや塀、手すり、腰壁などの1番上に取り付けている仕上げ材になります。

笠木の事をあまり知らない方も多いと思いますが、実は雨漏りのリスクが高い場所になります。

笠木は建物の躯体(くたい)を腐食から守ってくれています。
笠木がないと直接躯体に紫外線や雨水が当たってしまい劣化を早めてくれています。

躯体?・・・建物の構造体の事で建物を支えている骨組みの事を言います。


笠木の劣化の症状は?

ベランダ 笠木
ベランダの手すりなどは紫外線や雨水の影響を受けやすいので特に劣化の進行が早く雨漏りが起りやすくなる場所です。
笠木は外から内部の躯体へ雨水が入るのを防いでくれていますが、笠木が劣化してしまうと建物の劣化に繋がってしまいます。

雨漏りが起る原因は、笠木のつなぎ目のすき間からの雨水が侵入したり、笠木を止めている釘やビスも劣化しサビてしまい笠木を止めている固定力が失われてしまいます。

ビスが浮いた少しのすき間からでも雨水は内部へと入ってきます。
ベランダは特にメンテナンスが大切になります。

屋根と壁との取り合いなどにも防水の為,笠木に板金を被せています。
屋根も紫外線や雨水にさらされている場所なので定期的なメンテナンスが必要になります。

まとめ

笠木に使われる材質はさまざまです。

金属性・木製・セメントそして石を使い笠木を施工することもあります。
それぞれ耐久性や防水性も違います。

どれを使用してもメンテナンスをし建物を守る事に変わりはありません。
見落としがちな笠木ですが、もしご自身で劣化を見つけられた時には早いうちに修理をしましょう。


笠木についてはこちらも合わせてご覧ください。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039