オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

結露と雨漏りの違い?


冬、天井や壁が湿っていたら結露?雨漏り??
か分からなくなることがあります。

天井から水滴がポタポタと落ちてきたら、まず雨漏り!と思われる方が多いと思います。
しかし実は結露が原因だった。と言うケースもあります。

結露と雨漏りでは対処方法も変わってきます。
今回は結露について調べてみました。
結露 雨漏り
寒い季節、天井や壁などに付いているのは、ほぼ結露が原因です。

結露は室内と室外の温度差で水滴になり現れる症状です。
暖かい部屋の水蒸気が窓など冷たい場所に触れることで水滴になります。

雨漏りの場合!

雨漏りは屋根や外壁などのすき間から雨水が入り込み起こることが多いです。

雨漏りは雨が降った時にポタポタと落ち、雨が降っていないときには症状が出ません。
劣化や不具合により、雨を防ぐことが出来ないために雨水の侵入を許してしまい雨漏りを引き起こします。

雨漏りは一定の場所から雨水が入り、溜まってしまうので広範囲に雨水の水滴やシミが付くことはほとんどありません。

ただ見た目だけでは分からないので散水検査をし雨漏りの場所を特定します。

雨漏りを防ぐ為には定期的にメンテナンスをする事が大切になります。

では結露の場合は?

結露は外気と室内での温度差がある時に起こります。
水蒸気が湿度の低い場所で冷え、水滴になり現れてしまいます。
最近の建物は気密性が高いので結露が起りやすくなります。

雨漏りと違って結露は大丈夫!
なんてことはありません。

もし天井に結露が発生してしまったら、天井裏の断熱材や木材が湿気にさらされ続けると腐食し建物の劣化も早めてしまいます。

結露対策は何より換気!通気性が大切です。
結露で水滴がついた時にはこまめに拭き取る事です。


結露なのか雨漏りなのか分からない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039