オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

丈夫な瓦が割れてしまう原因は?


耐久性があり、とても丈夫な瓦がなぜ割れてしまうのか?
その原因を見ていきましょう!!

経年劣化や自然災害による割れ!

瓦 自然災害
通常では耐えられるような強風が吹いても瓦が劣化していると割れやすくなってしまいます。
下からの強い風で瓦が浮き上がり飛ばされてしまう事もあります。

台風の時には飛散物が瓦に当たり強度の強い瓦も割れることがあります。
割れた瓦が地面へと落ち人に当たってしまったりと危険がいっぱいです。

凍害による割れ!

凍害 瓦
凍害?・・・瓦が凍てて割れてしまう事です。

瓦の吸水率は0%ではないので水分が瓦に少し入ってしまいます。      
瓦に入った水分が温度変化で凍ったり、溶けたりを繰り返します。

寒くなり凍った時、瓦が膨張し、瓦の一部が剥離(はくり)を起こしてしまいます。

耐久性が高い瓦が自然へと割れ崩れていってしまうのです!

瓦の割れや落下を放置していると下地がむき出しの状態になってしまうので雨水が直接当たり、下地の腐食を早めてしまいます。そして最終的には雨漏りを起こしてしまいます。

割れなどが見つかった時には被害が広くならないうちに見つけた時すぐに直すことが大切です。
費用もお安く工事も短時間で終わります。

もし、家の瓦が気になられても屋根には登らないで下さい。
屋根に登る事が慣れていなかったら落下してケガをしてしまいます。

その際は、当社の無料点検をご利用ください。
屋根の状態と、必要なメンテナンス方法をご提案させていただきます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039