オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根リフォームは葺き替えかカバー工法どちらを選べばいいの?


屋根は雨風、太陽光からお住まいを守ってくれているとても大切な役割を担っています。
屋根の性能、耐久性を維持するためにはメンテナンスが必ず必要になります。

メンテナンスを考えた時にどんな工事をすればいいのか?
工事費用や工事期間は?

などご不安な事が多いと思います。

今回は屋根リフォームは葺き替えかカバー工法のどちらを選べばいいのか?
2つの施工方法の違いなどを比べてみました。

葺き替え

葺き替え 屋根
メリット

★現在の屋根材は撤去するので屋根が下地から新しくなり新築のように仕上がります。
 下地が新しくなり強度が増すので建物の寿命が延びます。

★軽い屋根材を使い葺き替えると建物への負担が軽減されるので、耐震性が向上されます。
 
デメリット

葺き替えは現在の屋根を解体するのでその処分費と、新しい下地材も取り替えるのでその分費用が高くなります。

☆解体からと大掛かりな工事になるので工事期間は長くなります。

カバー工法

カバー工法 屋根
メリット

★現在の屋根に新しい屋根材を重ねて葺くので解体する必要が無く廃材の処分費が少なくて済みます。

★屋根材をめくる手間が無いので工事期間は短くなります。

★屋根が二重になるので遮音性と断熱性が高まります。

デメリット

☆現在の屋根の上から重ねて葺くので下地材が腐食して傷んでいるとカバー工法は難しくなります。

☆重量が重くなります。なので上から重ねる屋根材は軽い屋根材を選びます。
 屋根が重くなってしまうと基礎や構造部に負担がかかります。

☆瓦屋根にはほぼカバー工法は施工出来ません。
 厚みがある日本瓦やセメント瓦は上から固定が出来ないので、カバー工法は不向きと言われています。

当社ではお客様のお悩みを解決し改善していきます。
お困り事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039