オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁塗装の下塗りを欠かせない理由は?


塗装 外壁
外壁塗装で最も重要な工程!

それが下塗りです。
下塗りをする事で外壁材と塗料の密着性を高めています。

外壁塗装は見た目もとても大切ですが、外壁を保護し、防水性や耐久性を高めてくれる役割があります。
今回は普段見ることがない塗装の下塗りについて説明していきます。

下塗りを欠かせない理由は?

経年劣化などで傷んだ外壁材は塗膜が薄くなっています。
この状態で直接現在の外壁材に上塗りの塗料を塗っても塗料が外壁材に吸収されてしまいます。

吸い込みを止める為に下塗りをします。

下塗りをしないと色ムラや艶ムラの原因になります。
塗料の接着力が弱くなり剥がれやすい原因になり上塗りの塗料の効果が発揮出来なくなります。

そうならない為に外壁塗装の際は必ず下塗りを塗っておくことが大切になります。

外壁材は塗装をし防水性を発揮してくれています。
しかし紫外線や風雨などにさらされていると劣化はどうしても避けることが出来ません。
外壁材も防水性を失っていきます。
外壁塗装の必要性を知っていただき、お住いの建物を守っていきましょう。


今回は下塗りについて書きましたが、外壁塗装について詳しくはこちらをご覧ください。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039