オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

名張市で棟板金の飛散がご心配な方へ


棟板金 雨漏り
屋根の棟板金の場所はご存知ですか?

屋根の1番てっぺんを棟(むね)と呼びます。
棟は屋根と屋根が合わさる部分なので、屋根の場所の中でも雨漏りが起りやすくなります。
雨水が屋根材の下に入らないように棟に板金を被せています。

屋根の高い場所に取り付けているので風の影響を受けやすくなります。
棟板金 ビス
写真のようにビスが浮いてきてしまいます。
台風や強風が吹くと飛ばされてしまう可能性があります。

これが1番の棟板金の飛散の原因になります。

棟板金についてはこちらもご覧ください⇩


腐食 貫板
板金の下には貫板(ぬきいた)と言う下地材を付けています。
貫板に板金をビスで固定し施工しています。

ビスが劣化で緩み浮いてしまうとすき間が空いてしまいます。

気が付かずビスをそのままにしていると、ビスと板金のすき間から貫板(ぬきいた)に雨水が伝わって腐食させてしまいます。
こうなってしまうと貫板は新しく交換する必要があります。
腐食した貫板に新しいビスを打ってもしっかり固定されません。

板金が飛散し貫板がむき出しの状態のままだと最終的に雨漏りを引き起こしてしまいます。
貫板 棟板金
腐食してしまった貫板は新しい物に交換する事をおすすめします。

下地もとても大切です。
棟板金
劣化にはいち早く気付きたいものですが、屋根に登り確認することはとても危ないです。

当社でも無料で点検をさせて頂いておりますので、ご不安な方はお気軽にお問い合わせ下さい。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039