オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風が来る前に対策を!!


台風がやってくる前に事前の点検が必要になります。

備えあれば憂いなしです!!

台風の大雨・強風による被害は?

通常、風速20m/sでは、大人でもまっすぐ立っていられない程の風が吹きます。
屋外に置いてある物は吹き飛ばされてしまいます。

台風による屋根・外壁のトラブルを書いてみました。
名張市 棟板金の釘 浮き
こちらの写真は屋根の頂上に取り付けている棟(むね)部分の板金です。
板金を固定している釘が劣化で浮いてしまっています。

高い場所になる程、風の影響を受けやすくなります。
釘が緩んでしまうと屋根の固定力を失い、強風で飛散してしまう事があります。


スレート 反り
スレートが反り返っています。

横殴りの雨が降ると、スレートのすき間に雨水が入って来てしまいます。

補修や、葺き替え時期のサインになります。
放置しておくと雨漏りに繋がります。
下屋
瓦がズレて割れてしまっています。

瓦は1枚ズレてしまうと他の瓦のズレも引き起こしてしまいます。

強風で瓦が下へ落ちてしまうと下にいる人や、ご近所の方にまで被害を与えてしまう事もあります。

台風前にはチェックしておく必要があります。
雨どい 銅 名張
次に雨どいです。

屋根に伝った雨水を上手く排出して適切な場所に流してくれるのが雨どいの役割ですが、
予想以上の大雨の時には雨どいが水を受けすぎてしまい、破損してしまう事もあります。

写真のように雨どいに穴が空いてしまっていたら外壁にも雨水が流れ込んでしまいます。
もし外壁にひび割れがあれば雨水が入り込んでしまい外壁からの雨漏りにも繋がってしまいます。


台風が通過した後の雨漏り被害が大変多いです。
当社では無料点検をさせて頂いております。
ご不安な方がございましたらご相談下さい。

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039