オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

天井のシミは雨漏りが原因なの?


天井 雨漏り
ふと天井を見上げた時、『こんなところにシミが付いてる。いつから??』
なんて思われたことはありませんか?

シミの原因は様々で、雨漏りや結露、または動物の尿などがあります。
今回は雨漏りで天井にシミが付いてしまう原因をお伝えします。

天井のシミの原因は屋根から?外壁から?

まず屋根からの雨漏りの原因は、瓦やスレートの屋根材がズレたり割れたりし、下地材に雨水が侵入してしまい最終的に下地材が腐食し雨漏りを引き起こしてしまいます。

スレートの場合は屋根の表面の塗装が剥がれていると雨水がしみ込みやすくなります。
そして雨押えなどの板金部分からも雨漏りをしてしまう事もあります。

劣化しビスの緩みや板金のすき間が少しでも空いてしまうと容赦なく雨水は屋根材の下へ侵入してしまいます。

日頃の屋根のチェックはとても大切です!

外壁からの雨漏りの原因は主に外壁材の劣化でひび割れが起き、そこから雨水が入り込んでしまいます。
そして雨水は屋根裏に伝い天井に雨漏りのシミとして現れる場合もあります。

雨漏りのシミの放置は危険です!

雨漏りした天井はカビたちにとっては最高の場所になります。
カビは高温多湿をとても好みます。

雨が止んだとしても天井裏は湿った状態のままなのでカビの発生しやすい場所になります。

カビが生えるとカビ臭くなり、アレルギーなどの健康被害にも影響が出てきてしまいます。

天井のシミの原因が雨漏りならどこからの雨漏りをしているか、原因を特定することからになります。
早期発見ほど工事費用も安くなり、また雨漏りの被害も最小限で抑えられます。

ご不明な点などございましたらお気軽にご連絡ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039