オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の下地材、野地板とは?


野地板 杉板
屋根の瓦やスレートなどを支える下地材の事を野地板と言います。

約40年ほど前の建物は杉の木をスライスした板状の材を使用していました。
杉の板は形もバラバラですき間を空け張っていたので雨水が入り込むことが多くありました。

乾燥しやすい杉板は、すき間を空けて施工していたことで通気性はよく湿気がこもりにくいのが杉板の下地の特徴でした。
野地板 合板
防水シートの進化と性能の良い野地板が流通したことで湿気を気にすることが無くなり、今ではすき間を空けずに野地板を屋根全体に張り施工しています。
杉板と比べて雨漏りの危険性も少なくなりました。

野地板の材質にうすい板を重ね合わせた合板が使用されることが多くなりました。
強度が強く屋根の下地材には最適です!

野地板のメンテナンスは?

瓦やスレートの下で目にすることもない野地板ですが、野地板も経年劣化をします。
雨水が屋根の内部に入り込むと野地板は腐食してしまいます。

雨水が入り込んでいる事に気付ず放置していると野地板の腐食が全体に広がり野地板を支えている垂木や天井にまで雨水が伝わり屋根の構造自体に悪影響を及ぼしてしまいます。

屋根材にとって水は本当に大敵なのです!

野地板のメンテナンスは、瓦やスレートをめくり防水シートを剥がした時にしか行えません。
たとえ、一部分が腐食していても、防水シートまでは剥がさないといけません。

野地板が劣化したり、腐食しているかは1度屋根の職人の方にきちんと点検をしてもらわないと下地の状態は分からいことが多くあります。

雨漏りの症状が出る前に定期点検をしましょう!!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039