オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁材として使われているサイディングとは?


外壁 サイディング
サイディングはセメント質と繊維質で形成されていている外壁材です。
パネル状のボードを外壁に張り、ボード同士のすき間の目地をコーキングで埋め、繋いで施工しています。

モルタルの外壁と比べると塗装が剥がれにくく、ひび割れにくくなります。
軽量で、耐久性もあり、デザインや柄も豊富に揃っています。

サイディングの外壁はとても吸収性があるので防水機能を保つために表面に塗装をしています。
劣化して塗装が剥がれてしまうと防水性が失われ、雨水を吸収しやすくなり建物の構造を傷めてしまいます。

新築から10年置きを目安にメンテナンスをおすすめしていますが、あくまでも年数は目安なので症状を見ながらの定期的な点検が大切です。

1つのメンテナンスのサインは壁に触ると白い粉が付くチョーキング現象が出たら防水効果が低下してきていると言うことです。
ボードの割れや反りはないか?
コケやカビは生えていないか??

など目で見て分かるような劣化が見られた時も点検されることをおススメします。


目地 コーキング 劣化
目地のコーキングも劣化が起こります。

補修が必要なコーキングの状態は、ひび割れや破断、剥離が起きたらメンテナンスのサインです。
コーキングの劣化を放置していると、すき間から雨水が入り込みサイディングの内側にまで雨水が回ってしまい雨漏りを起こしてしまいます。

コーキングの劣化も要注意です!

建物の防水機能を維持させるために、こまめに点検をし経年劣化を早期発見しましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039