オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りを特定する散水検査とは?


散水検査 雨漏り
雨漏りは屋根からが多いですが、屋根以外でも外壁やサッシ周り、ベランダからとあらゆる場所から起こります。
雨漏りの原因が分かっていれば修理し雨漏りを止めることは出来ますが、どこから雨漏りしているか特定できない事もあります。

その際、散水検査をし雨水がどこから侵入したかを探し、雨水の侵入口を見つけます。

散水検査は雨が降った時を再現します。
散水検査をする事で、目視よりもより正確に雨漏りの場所を特定できます。

散水検査の方法!

まずは室内の雨漏りが起きている場所を確認します。
そして屋根や、外壁など雨漏りの原因と考えられる場所に水をかけていきます。

ただ水を流すだけではなく水の量や水をかける時間や水の向きを考え、様々な状況を再現し水をかけ雨水の侵入口を探していきます。

雨漏りの原因は1つの場所とは限りません。原因を突き止めるまで細かく調査します。
原因を突き止め施工する事で雨漏りが起きにくくなります。


今回は雨漏り検査の方法の1つ『散水検査』についてお伝えしました。

原因が分からない雨漏りにお悩みの方は街の屋根やさん伊賀・名張店にご相談ください。
お客様のお悩みを解決いたします。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039