オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁も紫外線でダメージを受けてしまいます


屋根外壁 紫外線劣化
紫外線!!と聞くと日焼けなど人に与える影響を思い浮かべてしまいますが、外壁への紫外線のダメージもとても大敵です。

外壁は塗料でできた薄い膜により紫外線や雨水などから守られています。
それが劣化で防水性や耐久性が少しずつ失われてきてしまいます。

では紫外線のダメージを受け続けると外壁はどうなるのか?

紫外線が外壁に与える影響は?

建物の南側は日当たりがよく洗濯物が乾きやすいと言う事もあり南側は家の中でも好まれています。
しかしお肌と同じで紫外線を毎日浴びていたら建物にも障害が起きてしまいます。

外壁も日当たりの良い場所ほど紫外線の影響で劣化の進行が早くなります。
紫外線で塗膜が破壊されてしまうと症状に現れてしまうのが・・・

外壁の劣化の1つのサインとして現れるのが【チョーキング現象】です。

チョーキング現象とは・・・外壁を触ると手に白い粉が付きます。塗料に含まれている顔料が何十年も紫外線に当たり続けてしまうとチョークのような白い粉になり外壁の表面に出てきてしまいます。

チョーキング現象が出たら傷みがひどくなる前に塗り替えのメンテナンスを検討して頂くのがいいかと思います。

劣化が進んでしまうと外壁のひび割れも起き、ひび割れから雨水が入り内部も腐食させてしまう事もあります。

紫外線がすべての劣化の原因ではありませんが、紫外線の劣化のダメージが大きいことを知っていただけたらと思います。

1度お住いの外壁の状況を把握していただき、すぐメンテナンスが必要かどうか専門の業者さんに点検して頂くのが安心ですね。

当社は無料点検・無料お見積りを承っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039