オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨戸の役割とメンテナンス!


雨戸 メンテナンス
ガラス窓の外側に設置している雨戸ですが、雨戸には3つ種類があります。

『シャッタータイプ』・・・近年、多く需要があります。下から上へと開閉するのが簡単で、蛇腹になっているシャッターです。電動のシャッターを使用される方もいます。

『折り戸タイプ』 ・・・クローゼットの様に外側に向けて蛇腹に折り開けます。見た目はオシャレで洋風の建物に合います。

『引き戸タイプ』・・・昔ながらの雨戸になります。雨戸は戸袋に収納されます。開け閉めが少し重いので力が必要です。

雨戸の役割は?

雨戸は雨風を避ける為に取り付けています。

台風などの強風で外部から飛んできた物でガラス窓が割れるのを防いでくれます。
ガラス窓が割れてしまうと室内にいる人に危険を及ぼしてしまいます。

寒い時期の防寒対策にもなります。

冬の寒い時期に窓に近づいた時、寒い。と感じたことはありませんか?
雨戸を閉めていると寒さが和らぎます。断熱効果があります。

近年では窓ガラスが1枚からペアガラス(二重構造)になっているのでペアガラスでも断熱効果で寒さを感じにくくなりました。

空き巣からの防犯効果も備えています。

窓からの侵入を防いでくれます。雨戸を閉めれば2重ロックになるので防犯効果が増します。


雨戸のメンテナンス方法は?

金属性の雨戸は雨風や紫外線の影響で色あせやサビが出てきてしまいます。
サビが出てしまうと雨戸にも劣化がどんどん進みます。

雨戸の防水機能を保つためには塗装をしメンテナンスが必要です。

日本家屋に多くい使われている木材の雨戸も同様に木材用の塗料で塗装をし防水機能を保ちます。

雨戸がスムーズに開け閉めできない時や、開け閉めに変な音が鳴る。など異常が出てきた場合どこかに不具合が出てきています。
どんな小さなお困り事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039