オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁の表面に現れる白い粉!チョーキング現象って?


チョーキング現象とは?

チョーキング現象 外壁塗装
外壁を触った時、手にチョークの様な白い粉の様な物が付くことをチョーキング現象と言います。
白い粉は紫外線や雨で塗料の中の合成樹脂が徐々に分解されチョークの様な粉状になり外壁の表面に現れます。

塗装は見た目ももちろん大切ですが、塗装をする事で紫外線や雨風から建物を保護してくれる役割があります。
チョーキング現象は劣化のサインで建物の耐久性や防水性が弱まってきていることを知らせてくれています。

防水性が弱まってしまうと外壁の内部に雨水が吸収しやすくなりカビやコケが発生してしまいます。
外壁がひび割れしてきてしまう事もあります。

チョーキング現象が出たら!

チョーキング現象はそのままにしていても良い状態に回復し戻る事はありません。
放置してしまう事で劣化はどんどん進み外壁や建物に大きな負担をかけてしまいます。

特に日当たりのいい南側の外壁は劣化の進行が早くなります。

このチョーキング現象が出たらすぐにリフォームしなければいけない。と言う事はありませんが、そろそろメンテナンスをして下さいね。と言うサインでもあります。

大切なお家を守る為にも、チョーキング現象に気付かれた時には早めの対処をしましょう!!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039