オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

土葺き屋根とは?


土葺き 屋根
昭和初期頃まで瓦屋根には土が使われていました。
土を使い瓦を葺くので葺き土(ふきつち)と呼ばれています。

屋根下地の上に大量の葺き土を置き、瓦を押し付けて葺いていました。

とても重量があり建物が安定し土を使用しているので断熱効果も高くなります。
雨水が瓦下に入り込んだ時、葺き土が雨水を吸収するなどのメリットがあります。

ただし屋根に重量がある為、重さに耐えられる家の柱が必要とされていました。

しかし、この土葺きは経年劣化で土が痩せてきてしまい少なくなってきてしまいます。
瓦同士にすき間が空いてしまうと雨水が入り込み下地を腐食させ雨漏りを起こしてしまいます。

葺き土が少なくなることで瓦を固定する力が無くなります。
固定力が低下してしまうと瓦のズレが起き雨水が入り込みやすくなり耐久性も低下してしまいます。

それが今では土葺きがほとんど施工されなくなり減少しています。


なぜ土葺きが施工されなくなったのか?

きっかけは、関東大震災や阪神大震災の大きな地震からだと言われています
震災の度に施工方法が変っていき、今では土葺き屋根が少なくなりました。

今では瓦屋根は葺き土を使わず引掛け桟葺き工法で施工するのが主流となりました。
葺き土を使わず、桟木に瓦を1枚ずつ引掛け、1枚ずつビスでしっかり固定します。

この施工方法は屋根も軽量化されるため建物の躯体への負担も軽減されています。

屋根の劣化はどうしても高い場所になるため見落とすことがあります。
定期的に点検しメンテナンスをする事で建物は長持ちします。

お悩み・ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039