オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の雨漏りを防ぐ1次防水と2次防水の役割とは?


1次防水=屋根材! 2次防水=ルーフィング(防水シート)!

1次防水 2次防水
私たちが住んでいる家や建物は雨漏りしないよう1次防水と2次防水の2つの防水機能があります。

屋根の1次防水は普段目にする屋根材です。瓦、スレート、金属屋根を1次防水と呼んでいます。
1次防水は雨が降った時、建物の内部に雨水の侵入を防ぐ役割があります。

ただ屋根材は普段、雨水や紫外線にさらされるので劣化しやすくなります。
台風など強風の影響で飛散物が当たり屋根材が破損してしまう事もあります。
屋根材の破損などですき間から雨水が入ってしまったりと不具合が起きると1次防水では雨水を防げなくなることがあります。

このように1次防水で防ぎきれなかった場合、2次防水の機能が活躍します。

屋根の2次防水はルーフィング(防水シート)になります。

ルーフィングは屋根材の下で隠れているので、新築や葺き替え工事の時にしかあまり目にする事は無いかと思います。
2次防水のルーフィングは劣化に気づきにくく雨漏りの被害が出てしまった後に分かる事が多いのです。

ルーフィングは雨水を止める最後の防水機能なのでルーフィングが劣化し新しく交換するとなれば工事費用や工事期間も長くなりとても大掛かりな工事になってしまいます。

2次防水の劣化を少しでも防ぐためには、1次防水のメンテナンスがとても大切になります。


ルーフィングについてはこちらをご覧ください。





信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039