オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁塗装の3度塗りは重要です


外壁塗装 3度塗り
外壁や屋根の塗装を施工するにあたって、一度目は下塗り、二度目が中塗り、三度目は上塗りと三回塗るのは重要な作業となります。

大手塗料メーカーでも、三度塗りで最も耐久性が発揮するように設定されています。


下塗りについて

塗装前に高圧洗浄によって外壁の汚れを落として、クラックが入っている部分などを補修する下地調整を済ませて塗装面を整えたら、三度塗りの1回目の下塗りが始まります。

下塗りは三度塗りの中でも特に重要な作業です。下塗り用塗料の種類は、外壁の材質や劣化状態、次に塗る上塗り塗料に何を使用するかによって決まります。
上塗り塗料に適した下塗りした塗料を使わないとで剥がれてしまいます。

下塗りには、現在塗られている塗料を消す役割や、上塗り塗料の外壁への密着性を高める役割があり、その後何年間も塗料が壁に密着する上で非常に重要です。

劣化した外壁は上塗り塗料を大量に吸い込んでしまうため、そのまま塗ると何度も塗り直すことになります。
外壁が塗料を吸い込まないように最初にシーラーを塗装しておきます。

下塗り専用塗料は複数種類が使いわけられています。

下塗り塗料は色々ありますが、塗装における役割として、その後に塗る上塗り塗料をしっかり外壁に密着させ、効果を高める、壁を保護する等の役割という目的は共通しています。


中塗り、上塗りについて

三度塗りのうちの2回目と3回目はそれぞれ中塗り、上塗りといい、この2回の重ね塗りすることによって、耐久性が高くムラのない均一な塗膜が完成します。

中塗りは1度目の上塗りとも呼べる工程です。
下塗り材の色を消したり、上塗り材の密着をより高める等の役割があります。

上塗りを1度ですませれば必ずといっていいほど色ムラが残りますが、これは職人の技術に関係なく、誰がやってもでてしまうものです。
他にも塗料の中に気泡が残る等の問題もあります。

1回で厚く塗ろうと思っても、塗料は1回あたり塗布量が決まっています。
規定の方法で塗装しなければ、膨らみができるなどの不具合が起こる恐れもあります。

上塗りは、中塗りで生じた色ムラや気泡を覆い隠す、風雨や汚れから外壁を守る等の役割があります。
上塗りは家の外観を決定づける工程でもあり、外壁の色ツヤがでます。

下塗りをきちんと行わずに上塗りを行うと、塗装が外壁に密着できず剥がれやひび割れなどの施工不良の原因になってしまいますので注意が必要です

乾燥させる時間も重要です。下塗りがしっかりと乾いていなければ、上塗り塗料を塗っても施工不良が起こります。

施工の直後は完ぺきな仕上がりに見えても、三度塗りをしていないと、わずか数年後に塗膜が剥がれたり、色ムラが出たり、色違いのような外壁になりうるので、一度目は下塗り、二度目が中塗り、三度目は上塗りと三回塗るのは基本的な作業となります。

異変に気付いたら放置せずに、分からないことはすぐに、街の屋根やさん伊賀・名張店にお気軽にご相談ください。お見積り無料です
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039