オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁養生


養生とは 外壁
外壁塗装をはじめ、家の工事においては養生が利用されていますが、主な目的としては塗料の付着を防ぐことがあります。

塗装の際には、必ずといっていいほど塗料が飛び散ります。
家の塗り替えを行う時、塗料がついてしまうと不都合な場所が沢山あります。
四方八方へと塗料は飛散するため、塗るべきではない部分にまで塗料が付着してしまうことがあります。

塗装中に使う工具は、ハケやローラー、スプレーガンなど色々な種類がありますが、どの工具を使っても液状の塗料はたれたり飛沫になってしまい、床や外壁などに付着してしまうでしょう。
せっかく美しい素材を使っても汚れてしまったら大変ですよね。

この塗装箇所以外への、塗料の付着や飛散を防ぐために行われるのが、養生作業となります。

養生とは保護するという意味をもち、外壁塗装における養生は、植木や窓やサッシなどの塗料をぬらない場所を保護する役目もあります。

場合によっては、お客様の大事な花壇、芝生、植木、窓ガラス、自動車などを守るためにも養生が必要な場合もあります。
植物の養生は、植物の呼吸や光合成を防いでしまう可能性があります。
水やりなども難しくなってしまうため、なるべく作業が短時間で済めるようにスケジュールを組み、できるだけ早くにシートを取り除くことが重要です。

外壁塗装のおける養生の役割は、主に塗料の飛び散りを防ぐことになり、外壁塗装をする際には、養生を済ませてから塗装作業に入ることが一般的です。

養生は外壁塗装を美しく仕上げる為には欠かせない作業です。

塗装を始める前には、建物の部位ごとにしっかり養生を行い、塗装しない箇所はもちろん、近隣の建物や住宅などに、塗料が飛散しない状態を作っておかなければなりません。

塗装作業における養生は、塗料の飛散を防止する大切な作業の一つです。

養生期間中は、窓が開けれなかったり、建物が覆われて暗くなったりしますが、施工期間中の過ごし方を職人と打ち合わせておくことで、少ないストレスで過ごすことも可能です。

分からないことはすぐに、街の屋根やさん伊賀・名張店にお気軽にご相談ください。お見積り無料です
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039