オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

屋根のカバー工法とは?


家 カバー工法
現在の屋根をほぼ残し、その上に新しい屋根を乗せ、覆うのが屋根カバー工法です。

文字通り、屋根を屋根でカバーする方法です。
その為、屋根が二重になります。
屋根を重ねて葺く(ふく)ので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。
また、「増し葺き」などともいわれます。

カバー工法のメリット

メリット1⃣

解体工事がほぼ不要で廃材がほとんど出ません!

解体工事費と廃材処理費の両方が節約が出来ます。
解体と廃材処理が必要なのは棟板金や雪止めくらいといえるので、屋根の葺き替え等とくらべると費用がお安くなります。

メリット2⃣

工事期間も短いです!

屋根葺き替えよりも短い工期で施工できます。
工期が短いという事は人件費も少なくなるので、それだけ費用もお安くなります。
足場を仮設した場合、窓が開けづらい・出入りがしにくい等といった不便を感じることもありますが、短い期間で通常の生活に戻れるということは、普段とは違った環境で生活しなくてはならないという心理的な不安も少なくなります。

メリット3⃣

工事中も普段とほぼ変わらない生活ができます!

家の外の工事になるので、ほぼ変わらない生活が出来ます。
お住まいの内部に手を加えることはありませんので、普段の生活への影響はほぼありません。
塗装と違って臭いも出ないので、工事期間もストレスなくお過ごしいただけると思います。

メリット4⃣

環境に優しくエコです!

地球にやさしく、環境負荷が少なく、とてもエコです。
廃材を運搬するのには車を使います。
廃材が少ないということは、運搬する量や回数を減らすことになり、地球温暖化の元凶といわれている二酸化炭素の排出量の削減にも貢献できます。

カバー工法のデメリット

デメリット1⃣

カバー工法に向いていない屋根もあります!

一般的なお住いでは、金属やスレート(コロニアル・カラーベスト)はカバー工法に向いていますが、瓦は向いていません。
太陽光発電の設置は難しくなります(取り外し・取り付け等に、別途費用がかかる事があります)。

塗装や屋根葺き替え等で対応いたします。
  
デメリット2⃣

屋根の劣化状況によって、施工できない場合もあります!

調査・点検にて施工が可能か判断させていただきます。
屋根の下地が劣化していた場合は、その部分を補修しなければなりません。
補修せずにカバー工法を行ってしまうと、劣化をそのまま放置してしまう事になります。
以前、弊社が調査・点検にお伺いしたお住まいでは、下地が腐食・劣化された状態で施工されたためか、建物内部にまで被害が進行している例もありました。
カバー工法が施工された建物でこのような状態になってしまいますと、現在の屋根と従来の屋根、二重の屋根を剥がさなければならず、大変手間がかかり、費用もかさんでしまいます。

デメリット3⃣

屋根の重量が重くなります!

屋根が重いと重心が高くなり地震の揺れも大きくなります!
カバー工法はこれまでの屋根の上に新たな屋根を被せるため、屋根の重量が増します。
屋根は新しくなりますが、耐震性などの面でがマイナスになります。
被せるを選んだ場合も屋根の重量増は最低限に留めるべきです。

ただ、金属屋根のような軽量な屋根材を使うと、建物への負担も少なく、地震にも強くなります。

まとめ

屋根カバー工法は屋根葺き替え工事と比べて工程が少ないです。
より工期が短縮できる上に、廃材撤去費などの節約にもなる利点があります。
新しい屋根材を上から重ねる事で、台風などの強風にも耐えることができる強い屋根になります。

弊社では入念な調査と点検をしてから、施工できるかどうかを判断しています。
場合によってはカバー工法をお断りし、他の工事をご提案する場合もございます。

カバー工法について詳しくはこちらをご覧ください⇩

カバー工法、屋根のこと等、気になることや分からないことはすぐに、街の屋根やさん伊賀・名張店にお気軽にご相談ください。お見積り無料です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039