オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

屋根材の防水紙(ルーフィング)とは?


家 屋根 防水紙(ルーフィング)
防水紙(ルーフィング)とは、屋根瓦などの下に敷く屋根用の防水シートの事です。

屋根は表面の瓦や金属、スレート(コロニアル・カラーベスト)だけではなく、その下の防水紙でも雨漏りを防いでいます。
雨水の大半は屋根材が防いでいますが、雨漏りの決定打となるわずかな雨水の侵入を防いでいるのは、防水紙(ルーフィング)といえます。

屋根には一次防水と二次防水があります!

屋根には一次防水と二次防水があります。
一次防水とは屋根材(スレート・板金属屋根材・瓦)となります。
これらの一次防水によって、最初に雨や風を防ぎます。

二次防水とは屋根材の下に葺かれる防水紙(ルーフィング)の事をいいます。
屋根材に、割れ・剥がれ・サビ穴・欠け等があり、一次防水で防ぎきれなかった場合があります。
その場合、二次防水の防水紙(ルーフィング)で雨風を食い止めます。
雨水を防いでくれるのが、二次防水紙(ルーフィング)です。

家は、これら一次防水と二次防水の2段構えによって雨水から守られています。
一次防水で雨風を防ぐことが出来れば雨漏りは発生しませんが、屋根材が劣化や割れ・欠けなどがあると、雨水の侵入を一次防水では防ぐことが出来ずに、二次防水の表面まで水が達してしまいます。

もし雨水が侵入してきても二次防水が適切な状態を保っていれば、雨水が浸透せず二次防水の表面を流れて、速やかに外部の適切な場所へと排出されていきます。
二次防水の機能が健全であれば、雨漏りをすることはまずありません。

まとめ

防水紙(ルーフィング)は、屋根の野地板と瓦の間にあり、日常生活では目にする機会が少ない屋根材になります。
防水紙(ルーフィング)を確認するのは既存の屋根材を剥がす必要があり、現実的ではありません。
ですので雨漏りをしてそこで初めて防水紙(ルーフィング)の劣化に気付く事が多いです。

ルーフィングの役割は防水ですが、正しくは屋根材の雨仕舞で防ぎきれず、屋根材の下に侵入を許してしまった雨水を「屋根内(屋根裏)に入れずに外に流す事」で、屋根材の機能とのセットで防水効果になります。

屋根材の劣化と共に防水紙(ルーフィング)も劣化していきますので、費用面でも損をしないように、屋根の葺き替え等と同時期に防水紙(ルーフィング)の交換もおすすめいたします。

大切なお住まいを守るため屋根も定期的なメンテナンスが必要になります。


防水シート(ルーフィング)や屋根のこと等、気になることや分からないことはすぐに、街の屋根やさん伊賀・名張店にお気軽にご相談ください。お見積り無料です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039