オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

名張市で築約35年の屋根の漆喰工事の為に足場を設置しました


名張市で築約35年の屋根漆喰の工事のご依頼がありました。

前回のブログはこちらから⇩

屋根下見 足場
施工前の漆喰(しっくい)の様子です。

漆喰にヒビが入っている箇所や剥がれ落ちてしまっている箇所がありました。

屋根 漆喰
漆喰は棟と瓦の間の隙間を埋め、瓦の下にある屋根の葺き土に直接雨風が当たらないよう守ってくれている役割があります。
瓦と瓦を接着させる目的で漆喰が塗られています。

漆喰が剥がれ、棟瓦(むねがわら)の下地である土がむき出しになってしまうと、直接雨水が土に当たり、段々と土が流れ落ちてしまい雨漏り等のトラブルにつながってしまう事があります。

葺き土が減って痩せると棟瓦への接着力が無くなり、棟瓦がズレてしまいます。
そうすると、瓦同士が当たりひび割れがおこったり、瓦が落下する危険性もでてきます。
このような危険が起きたり雨漏り等しない為にも、この漆喰を塗り替えていきます。
安部邸屋根下見 足場
施工前には近隣ご近所にご挨拶を済ませます。
今回は高所の作業なので、足場を設置していきます。

屋根下見 足場
これから足場を設置します。

漆喰 足場
階段もあるので、職人の方が安全に登ったり道具も運べます。
漆喰 足場
足場は、安全性・工事品質・作業効率、法律の規定のため、2mを超える高所作業では現場では設置しなければなりません。
足場工事が必要な理由は以下の4つになります。

1⃣足場は職人の安全確保のため
「労働安全衛生規則」で「2メートル以上の高所作業では安全な足場を設ける必要がある」と厚生労働省に定められています。
一般的な二階建てのお家は、屋根の高さが6~8mなので、そこから落ちると大怪我を負ったり場合によっては死亡事故につながります。

2⃣作業効率を高めて工期を短くするため
慣れた職人であっても、高所作業は常に危険を感じ、そのため、地上と比べると作業効率が悪くなるので、足場を設けて危険を排除することで、職人の作業効率を高め、工期を短くすることが出来ます。

3⃣洗浄水や塗料の飛散防止のため
汚れを落とす「高圧洗浄」作業では、塗料や汚水が近隣のお家の壁や窓に付く可能性もあります。
ご近所様とのトラブルを避けるためにも足場は設ける必要があります。
塗装の際は、飛散防止ネットを張ります。

4⃣安全性を確保して施工ミスを減らすため

足場を設けて安全性を確保することで、職人は作業に集中ができ、高所で施工ミスのない正確な作業を行うには、安定した足場が欠かせません。

次回のブログはこちらから⇩


当社では無料点検をさせていただいております。
屋根や外壁の事で何かご相談がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メールでは24時間お問い合わせを受け付けております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

名張市で屋根の漆喰工事をしました

屋根 漆喰
屋根 漆喰
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

名張市で屋根の漆喰工事をしました

屋根 漆喰
屋根 漆喰
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
約35年
建坪
保証
工事費用
施工事例

名張市で雨漏りした部分のボードの張替えと外壁塗装を行いました

外壁_塗装 雨漏り
外壁_塗装 雨漏り
工事内容
雨漏り修理
外壁塗装
使用素材
築年数
約18年
建坪
保証
工事費用
施工事例

名張市で凍害(とうがい)で瓦が割れた家の葺き替えをしました

施工前 凍害
凍害 葺き替え
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
部分塗装
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰 撤去

名張市で屋根の漆喰(しっくい)工事をしました。前回のブログはこちらから⇩【名張市で屋根の漆喰の下見に行って来ました】【名張市で築約35年の屋根の漆喰工事の為に足場を設置しました】

丸流し

前回に引き続き伊賀市で南蛮漆喰で丸流し積み直し工事を行いました。今回は工事の流れを説明いたします。まず丸流し瓦を縛っている銅線(ホルマル線)をほどいていきます。この銅線は丸流し瓦がずれないように縛ってあります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039