オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

津市で台風24号の際に割れた瓦屋根・劣化した外壁の点検を実施


津市 点検 家の全体写真
今回は点検のため、三重県津市のS様邸にやってきました。
立派な瓦屋根が印象的な日本家屋です

台風24号によって被害を受けたと、ご連絡くださいました。
よく目をこらすと、下屋根(げやね・一段下の屋根)にパラパラと何かが散っているのが見えますね

では屋根に登って、近くでしっかり点検していきましょう!

津市 割れた瓦 飛び散る
全体写真にも写っていた通り、やはり台風の強風に飛ばされ、割れた瓦が飛び散っていました。


こちらの記事も合わせてご覧ください
津市 瓦屋根 割れ
こちらは、割れた瓦の奥に、屋根下地が野ざらしになっていました。
これでは雨水が入り放題で、屋根を傷めてしまいます。
ルーフィング(防水シート)が下に敷いてあるはずですが、この状態ではルーフィングの寿命も縮めてしまいます。

ルーフィングが劣化して穴が開くと、その下はもう野地板(のじいた・木製板)しかなく、雨漏りの原因になってしまいます。
津市 瓦屋根 漆喰の劣化
こちらは隅棟(すみむね)と言い、瓦屋根の四隅に飾りのように取り付けられた部分です。

瓦を葺く(ふく)ときは、屋根土(やねつち)を乗せ瓦を重ねていき、漆喰(しっくい)で隙間を塗り固めていきます。

しかし年月と共に漆喰(しっくい)劣化して防水性を弱めると、屋根土が流れ出したり、隅棟自体の崩れに繫がります。
津市 隅棟 崩れ
こちらは別の隅棟(すみむね)です。
上部の瓦が、すっかり飛ばされ、屋根土(やねつち)がむき出しの状態です。
このままでは、次に強風が吹いた時に、残った瓦が飛ばされてしまうかもしれません。

津市 木製外壁 色褪せ
こちらは一階の木製外壁です。
紫外線、ホコリ、雨風にさらされ、だいぶ色褪せてきたと気にされておりました。

外壁材自体に防水性はないので、外壁を守っている塗料が劣化してしまうと、雨水が染みこみやすくなります。

水分は、お住まいの大敵。
雨漏りを未然に防ぐためにも、定期的な塗り替えが必要なんです。
津市 木製外壁 カビ
二階部分の外壁です。
木製外壁は黒カビが広がり、鉄製部分はサビてしまっています。

この鉄の部分は「雨押え(あまおさえ)」と言って、外壁と下屋根(げやね・一階の屋根)の隙間に雨水が入り込まないように取り付けられてあります。

雨押えのサビが進行し、穴が開いてしまうと、そこから雨水が入り雨漏りの原因になってしまいます。
そうなる前にメンテナンスをしましょう!


次回、瓦屋根の葺き直し工事から着工いたします!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊賀市で雨漏り修理のため築100年の瓦屋根を垂木から修理しました

伊賀市 瓦屋根 修理前 
伊賀市 瓦屋根 裏側
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
雨漏り修理
使用素材
化粧木材一式 防虫・防腐剤 ルーフィング 屋根土
築年数
100年
建坪
保証
工事費用
60万
施工事例

三重県伊賀市 瓦屋根 葺き直し工事 雨漏りする築80年の日本家屋 

伊賀市 施工前 全体写真
伊賀市 日本家屋の壁 修繕後
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
南蛮漆喰 銅線 壁漆喰 ルーフィング 桟木 
築年数
80年
建坪
保証
工事費用
28万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

名張市 雨漏り箇所 谷

前回、現地調査を行った、三重県名張市に建つO様邸。2018年9月の台風以来、急に雨漏りが起こってしまったとお困りでした。雨漏り箇所は、「谷」と呼ばれる、画像の黄色い四角で囲った部分。この部分に取り付けられた「谷板金(たにばんきん)」が、劣化...........

名張市 葺き替え工事 足場

台風で瓦が飛ばされてしまった、三重県名張市に建つM様邸。前回、洋瓦の葺き替え工事が完工しました。足場を設置するにも、専門業者へ依頼しなくてはならず、工賃がかかってきます。屋根工事用に立てた足場があるうちにと、外壁塗装のご依頼もくださいました...........

伊賀市 修理箇所 台風被害

前回現場調査を行った、伊賀市に建つM様邸。台風の際、強風にあおられ、トタン屋根が大きくめくれてしまいました。更に築40年経ったことで劣化があちこちに見られたため、トタン屋根は解体して下地から葺き替え工事を行うことになりました。屋根葺き替えに...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039