オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

伊賀市 雨漏り修理 第一弾・瓦めくり作業開始!


伊賀市 瓦屋根の雨漏り部位 日本家屋
雨漏り修理のご依頼を受け、前回点検を行った 伊賀市にお住いのN様宅。
大屋根(おおやね(一番上の屋根))と下屋根(げやね(一段下の屋根))の一部を、葺き直す(ふきなおす)ことになりました。
今回は、瓦めくり作業のご様子をお伝えしていきます。

雨漏りが起きていたのは、〇で囲んだ部分です。
まずは大屋根(おおやね(一番上の屋根))から取り掛かります。


↓前回の記事はこちら↓
伊賀市 瓦めくり前 雨漏り箇所
作業前の大屋根(おおやね)の袖(そで(はじの部位))です。

昭和初期に建てられたこちらのお宅、粘土瓦(ねんどがわら)の一種・いぶし瓦を冠しています。

いぶし瓦とは、焼成(しょうせい)の後に灯油などで燻(いぶ)し、表面に炭素膜(たんそまく)を作ったもの。
焼き上がり後は美しい「いぶし銀」の色になり、時間が経つにつれて、写真のように黒っぽくなります。

(光の加減で明るく見えますが、実際はもう少し黒っぽいのです。)

80年ほども経っているのに、砕けたり割れたりしていないのは、薪でよく焼かれた証拠です。
瓦職人さんたちの魂を感じますね!

ただ、瓦自体の寿命は40~50年と言われ、古くなった瓦は水を吸い込んでしまうので、雨漏りの原因になってしまいます。

伊賀市 瓦めくり中 屋根土
瓦を一枚ずつ手でめくっていきます。
屋根土(やねつち)が見えてきましたね。

今回は応急処置として狭い範囲の修理のみなので、一人で作業にあたります。

屋根の上に立ち、一枚約2kgもする瓦を傷めないようにはがしていくのは、とても大変な作業なのですが、彼はこの道20年の大ベテラン職人さんです。
16歳からキャリアを積むことが、珍しくない業界なのです。

安心してお任せくださいね♪


伊賀市 瓦めくり前 大屋根
作業前、先ほどの部位を横から見た写真です。
伊賀市 瓦めくり中 大屋根
瓦をめくり終わったら、その下の屋根土(やねつち)を降ろしていきます。
古い屋根土(やねつち)は処分して、後の工程で新しい土をしきます。

この屋根は「土葺き(つちぶき)工法」という、屋根土の粘着力で瓦をしく工法を用いて造られています。

写真では分かりにくいのですが、昔の瓦は焼く際の温度が一定でなかったため、出来上がりが歪んでいます。
施工の際、その歪みを調整するため、屋根土の高さを変え、まっすぐに整える必要があります。

葺き足(ふきあし)を揃えること(つまり、まっすぐしくこと)が非常にむずかしく、ここでも熟練の技が求められまず。

伊賀市 鬼瓦 瓦めくり作業
みの(ちりとり)を使い、屋根土を土嚢袋(どのうぶくろ)に入れていきます。

めくった瓦は、落ちないよう木材と金物で止め、そろえて置いていきます。
瓦をクレーンで降ろすと、工賃が余計にかかってしまいます。
今回はなるべく安価でというご希望でしたので、こうして屋根の上に置かせていただくことになりました。

隅(すみ)の末端から外した鬼瓦(おにがわら)が見えます。
昔は厄除け・魔除けの意味を込め、本当に鬼の形をしていたので、「鬼瓦」または単に「鬼」と呼ばれます。

主に住宅に使われる鬼瓦は、このようにシンプルなデザインが多いですが、
お寺などで、豪華な彫刻がほどこされた鬼瓦を目にることもありますね。
伊賀市 化粧野地板 飛び板
先ほどの部位を、上からアップで写した写真です。

奥側の、継ぎ目のないものが化粧野地板(けしょうのじいた)、手前の隙間が空いているものが、飛び板(とびいた)と呼ばれるものです。

こちらは軒先(のきさき)部分なので、家の前に立つと、裏側が見えてしまいます。
見える部分のみ、このように継ぎ目や節目のない、きれいな板を使っているのです。
伊賀市 雨漏り 湿った屋根土
この日は非常に天気が良く、屋根工事に適した日だったのですが、よく見ると瓦の裏側がやや濡れていることが分かります。
屋根土(やねつち)も湿っています。

ズレた瓦の間から水が入り込み、雨漏りが起きていたサインです。
伊賀市 雨漏り修理 防水シート
この家は築80年ほどですが、十数年前の台風被害の後に修理された為、一部木材が新しくなり、防水シートがしいてあります。
昔は杉皮(すぎかわ)が、防水シートの役割を果たしていたそうですよ。
伊賀市 瓦めくり前 下屋根
お次は、最も雨漏りが酷かった下屋根(げやね(一段下の屋根))です。
マルの部分の瓦をめくると、、
伊賀市 瓦めくり中 雨漏りの跡
雨水が通った黒い跡が見えます。
この小さい写真ではよく見えませんが、実は野地板(のじいた)の表面がめくれてきていて、長年の雨漏りのため、ダメージを受けていた事がよく分かりました。

次回は、葺き戻し(ふきもどし)作業について、お伝えいたします!

 

 

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊賀市で雨漏り修理のため築100年の瓦屋根を垂木から修理しました

伊賀市 瓦屋根 修理前 
伊賀市 瓦屋根 裏側
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
雨漏り修理
使用素材
化粧木材一式 防虫・防腐剤 ルーフィング 屋根土
築年数
100年
建坪
保証
工事費用
60万
施工事例

三重県伊賀市 瓦屋根 葺き直し工事 雨漏りする築80年の日本家屋 

伊賀市 施工前 全体写真
伊賀市 日本家屋の壁 修繕後
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
南蛮漆喰 銅線 壁漆喰 ルーフィング 桟木 
築年数
80年
建坪
保証
工事費用
28万円

同じ地域の施工事例

施工事例

伊賀市で築80年の日本瓦屋根葺き替え工事を行いました

伊賀市 葺き替え  施工事例
葺き替え 伊賀市
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
築年数
築80年
建坪
保証
工事費用
施工事例

伊賀市で波型スレート屋根の雨漏りをカバー工法で修理しました

伊賀市 波型スレート屋根 施工前
伊賀市 波型スレート屋根 施工後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
施工事例

伊賀市 窯業系サイディングの反り返り修理、外壁・屋根塗り替え

伊賀市 塗装前 全体画
伊賀市 塗り替え 施工後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
築年数
約20年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

名張市 雨漏り箇所 谷

前回、現地調査を行った、三重県名張市に建つO様邸。2018年9月の台風以来、急に雨漏りが起こってしまったとお困りでした。雨漏り箇所は、「谷」と呼ばれる、画像の黄色い四角で囲った部分。この部分に取り付けられた「谷板金(たにばんきん)」が、劣化...........

津市 点検 家の全体写真

今回は点検のため、三重県津市のS様邸にやってきました。立派な瓦屋根が印象的な日本家屋です台風24号によって被害を受けたと、ご連絡くださいました。よく目をこらすと、下屋根(げやね・一段下の屋根)にパラパラと何かが散っているのが見えますねでは屋...........

名張市 葺き替え工事 足場

台風で瓦が飛ばされてしまった、三重県名張市に建つM様邸。前回、洋瓦の葺き替え工事が完工しました。足場を設置するにも、専門業者へ依頼しなくてはならず、工賃がかかってきます。屋根工事用に立てた足場があるうちにと、外壁塗装のご依頼もくださいました...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら伊賀・名張店にお問合せ下さい!
9:00~17:00まで受付中!!
0120-704-039